近海ジギングナビ

近海ジギングナビでおすすめのジグやタックルを紹介します



青物ジギングで使う簡単なノットの結び方

kinkaijigingnaviknot

ショックリーダーとは?

メインラインにPEを使い、その先端にショックリーダーと呼ばれるナイロンやフロロカーボンなどのラインを結ぶのはなぜでしょうか?

PEラインに直接ジグを結んで何が悪いのかと疑問に思ったことはあるはず。
もちろんそれには理由があります。

 

PEは傷に弱くショックリーダーなしでジギングをした場合、魚の歯や瀬ズレでラインが切れるのは時間の問題です。

 

そのためPEより強度のあるショックリーダーをメインラインの先端にセットするのだ。

もしメインラインをナイロンにした場合は、もちろんショックリーダーは必要ない。

SPONSORED LINK

オフショアジギングで使う簡単なノットは?

ラインの結び方のことをルアーフィッシングではノットという。

 

メインラインのPEとリーダーラインを結ぶノットには多数の種類がある。

ブリなどの青物を狙う場合、簡単なノットはではなく強度のあるノットを選ぶ必要がある。

 

PEとリーダーを結ぶ作業は面倒で、しっかり結べているかストレスがかかる作業です。

だれしも簡単なノットを選びたいと思うのは面倒だからです。

 

結果、簡単なノットを組むのではなく自分のやりやすい強度のあるものを選びましょう

 

リーダーの結束はPRノット? FGノット?

オフショアジギングでもっとも定番のノットは「PRノット」と「FGノット」です。

よくこのふたつのどちらがよいか質問をうけるが、私はFGノットが無難だと思っている。


FGノットは結び目のコブが小さいので抵抗が少なく強度も申し分ない。また、結び目で切れたり、すっぽ抜けもない。

PRノットは強度があるが結び目のコブが大きいのでキャスティングには向いていない。

あと、PRノットは専用の道具が必要だったりとちょっと面倒だったりします。


そんな理由で私はFGノットをメインで使っています。

 

結果、どちらも定番で強度もあるので好きなほうでよいと思います。

 

 リーダーラインはフロロ?ナイロン?

リーダーラインはフロロカーボンとナイロンのどちらも使われています。

 

対象魚、エリア、釣り方、タックルによって使い分けますが、オフショアジギングではフロロカーボンが定番といえるでしょう。

フロロカーボンは摩擦に強いため、根ズレや歯の鋭い魚を狙うときには重宝する。

ヒラマサやサワラが回遊する場合はとくにフロロカーボンのほうがよい。

また、伸縮性がないためジグのアクションはしやすい。

一方、ナイロンラインは柔軟性があり、ソフトにジグをアクションさせたいときや、ヒットさせたあとばらしにくいところがメリットだ。

ちなみにキャスティングの場合はナイロンが主流だ。

 

 リーダーラインの太さは

リーダーラインの太さはメインラインのPEの号数に対して4倍が基準です。

例えばメインラインPE3号の場合、リーダーは12号にします。
私は対象魚がハマチサイズなら10号に下げたり、ブリサイズなら14号に上げたりするなど使い分けたりします。

ちなみに10号でブリをかけてたとしてもリーダーが切れるなんてことはまずありません。

 

リーダーラインの長さは

リーダーラインの長さは3~4mくらいがオススメです。

長すぎるとリーダーがスプールの中にうまくおさまらずクラッシュしてしまいます。

私のオフショアジギングデビュー戦の失敗はこのクラッシュでした。

クラッシュを直してはまたクラッシュ・・・。

 

リーダーを交換してもリーダーが長すぎるからまたクラッシュ。
リーダーの長さは重要ですよ!

 

まとめ

 ・リーダーをメインラインの先端にセット
・フロロカーボンが定番
・ノットは「PRノット」または「FGノット」
・リーダーの太さはPEの号数に対して4倍
・リーダーの長さは3~4m

 - ジギングのノットについて , , , , , ,



ad

スポンサーリンク

ad

スポンサーリンク

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  

  関連記事

FGノットの失敗しない結び方 【図解】すっぽ抜けの原因は!?

青物ジギングで使うFGノットの結び方 FGノットといっても正確に決まった結び方は …