近海ジギングナビ

近海ジギングナビでおすすめのジグやタックルを紹介します



青物ジギングタックル選び (メインライン偏)

メインラインはPEが主流

現在ジギングのメインラインと言えばPEが主流である。

PEとは細いポリエチレン繊維を複数組み合わせて編みこんだもの。

PEの特性は、他のラインに比べて伸縮性がなく、ロッドを軽く操作するだけでジグを簡単にアクションさせることができる。

また、PEはラインの感度もよく、常にラインが張った状態のジギングではアタリが取りやすいので向いている。

 

オフショアジギングに最適なラインの太さ

ラインの太さ(号数)は素材の重さからきているもので、強さを表したものではない。

これは日本釣用品工業会により基準が定められている。

ブリなど青物を狙う場合、基本3号を目安にしましょう。

ちょっと太く感じるかもしれませんがあくまで基本だと思ってください。

SPONSORED LINK

 

4本縒り?8本縒り?

PEは細いポリエチレンで編みこんでいるいるのだが、4本で縒ったラインと8本で縒ったものがある。

8本で縒ったほうが強度もあり、また細かな網目となるので滑らかなラインとなる。

オフショアジギングでは基本8本縒りがオススメである。

4本縒りに比べて8本よりは価格が高いのが難点ところだが、近頃では低価格の8縒りラインが発売され多くのアングラーが使っている。

8本縒りをすすめるのは理由は、強度があるため4本縒りと同じ号数でもワンランク細い号数が使える。
細いラインにするとジグは素早く沈むし、キャストならより遠くに飛ばすことができる。

また魚からも見切られにくくなるため釣果もよくなる。
ただし、細いラインはやり取りが慎重にならざるを得ないため隣のアングラーにも迷惑がかかってしまう。

大物を狙うオフショアの場合、無理して細いラインで挑戦するよりも確実に対応できるラインを選ぶほうがよい。

 

PEラインのデメリット

PEラインはジギングにもっとも最適なラインだがデメリットもある。

そのデメリットを把握しないと、よりトラブルが増えてしまう。
PEラインはナイロンやフフロカーボンなどに比べるとしなやかな特徴がある。

そのおかげで巻き癖がつきにくく、スピニングリールとの相性もよい。
ところが、もつれたり絡んだりすることが多く、一度もつれると解くのが困難だということ。

また解くことができても、その部分がささくれ立って強度が落ちてしまう。
もつれによってできたダマは、マチ針などの細い針で丁寧に解くとよい。

適当にやってしまうとダマになった部分を切断せざるを得ない場合もある。
ささくれたところや張りが失われた部分は、できる限りカットしたり交換しましょう。

また、PEラインが絡まないようにするフッ素コートスプレーなども効果的だ。

 

まとめ
・青物を狙う場合は3号を目安に
・オフショアジギングは8本縒りがオススメ
ささくれたところや張りが失われた部分はカットまたは交換する

 - ジギングのメインライン , , , , ,



ad

スポンサーリンク

ad

スポンサーリンク

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  

  関連記事

関連記事はありませんでした