近海ジギングナビ

近海ジギングナビでおすすめのジグやタックルを紹介します



FGノットの失敗しない結び方 【図解】すっぽ抜けの原因は!?

20150417_145922

青物ジギングで使うFGノットの結び方

FGノットといっても正確に決まった結び方はなく、アングラーそれぞれが基本的な結び方を工夫しているため少しずつ異なってくる。

 

PEやリーダーの太さによって編み込み回数が変わってきますが、今回は青物をメインとしたオフショアジギングなので、PE3号とフロロカーボン12号を使ったFGノットの結び方を解説します。

SPONSORED LINK

まずFGノットの結び方の工程は以下のとおりです。

①編み込み12回

②ハーフヒッチ1回

③ゆっくり力を入れて数度締め込む

④ハーフヒッチ20回

⑤余分なリーダーを切断

⑥さらにハーフヒッチ5回

 

この動画では編み込み回数が違いますが基本的な結び方は参考になりますので一度見てください。

この動画では編みこみ回数が7回となってますが、青物をターゲットとしたオフショアジギングではより高い強度を求めますので7回だと少ないです。

 

1.FGノットの編み込み回数について

FGノットの編み込み回数は5~20回ほどで、アングラーによって異なってきます。

 

編み込む回数が多ければ強度が上がるのでなるべく多くしたほうがよいが、多すぎると最初に編み込んだ部分の締め込みができないため注意がいります。

 

私の経験上おすすめは12回です。

この画像は編み込みをあえて多めの20回にして締め込んだものです

20150417_151419

①の部分は最初に編み込んだ部分で締め込みできていません。

②の部分は締め込みできています。

③の部分は最初に編み込んだ①の部分まで締め込めこもうとするため相当力を入れた結果崩壊しています。

つまり、編み込み部分がすべて締め込みできる「編み込み回数」がベストになります。

《重要》編み込みは一回一回歯を使いテンションをかける

この作業をすることで締め込みの失敗がなくなります。

 

2.仮止めのハーフヒッチを1回

編み込みを12回したあとはバラけないようにハーフヒッチを1回します。

 

3.ゆっくりと力を入れて数度締め込む

FGノットは摩擦系ノットですので、締め込み作業がとても重要になってきます。 

締め込みが甘いとすっぽ抜けの原因となりますのでポイントをしっかり確認してください。

 

まず、PE3号を締め込む場合は締め込み棒を使いましょう。手で締め込もうとするとケガをする恐れがあります。

20150417_150926

 

締め込むさいはラインが重ならないように注意してください。

20150417_151503

ラインが重なった状態で締め込みをすると、重なったところが切断されてしまいます。

リングタイプの締め具もありますが、ラインが重なりやすく失敗の恐れがあるので止めたほうが無難です。

 

締め込むさいに結束部をツバで濡らして徐々に力を入れて締め上げます。締め込み完了の目安は結束部のPEが半透明(あめ色)になります。

 

半透明になったらそれ以上は力を入れないでください。

力を入れすぎるとリーダーが変形してしまい強度が落ちてしまいます。

 

4.ほつれ防止のハーフヒッチを20回

最後のハーフヒッチは、ほつれ防止のためにおこなうだけで強度に影響ありません。

 

ハーフヒッチは上からと下からと交互にするのが一般的です。交互にすると見た目がキレイなため推奨されてますが、強度に影響ないため交互にしなくても大丈夫です。私は面倒なので交互にしたことはほとんどありません。

 

それより、1回1回力を入れて締め込みをしてください。適当にするとハーフヒッチの間に隙間ができてしまいハーフヒッチをする意味がなくなってしまいます。

 

ハーフヒッチはあくまでほつれ防止のためですので、回数は10回でも15回でも問題ありません。

 

5.余分なリーダーを切断

ハーフヒッチしたあとは余分なリーダーを切ります。

リーダーを1ミリ残しライターで先端を炙りコブをつくります。

コブはほつれないためにつくるのですが、コブが大きいとガイドに引っかかってしまうのでできる限り小さくしてください。

 

6.さらにハーフヒッチ5回

さらにハーフヒッチを5回して、余分なPEの切断して先端をライターで炙り完了です。

 

できれば最後にエンドノットをするとよいでしょう。

 

この結び方ですっぽ抜けや結び目から切れたことは今までありません。

 

慣れるまでは時間はかかりますがあせらず丁寧に作業しましょう。

 

まとめ

作業工程を間違わず丁寧におこなうことで失敗を防せぎましょう。

FGノットのすっぽ抜けの原因は締め込みができていないため起こることがほとんどです。何度も練習しましょう!

 - 青物オフショアジギング, ジギングのノットについて , , , , ,



ad

スポンサーリンク

ad

スポンサーリンク

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  

  関連記事

オフショア青物ジギングにおすすめなジグ!よく釣れる評判のよいジグとは!?

では、ヒットジグエリアによって違うため乗船する船長に聞くことをおすすめしていまし …

青物ジギングで使う簡単なノットの結び方

ショックリーダーとは? メインラインにPEを使い、その先端にショックリーダーと呼 …

おすすめの青物用ジギングリール!メンテナンスフリー機種

過去の記事でも書きましたが、オフショアジギングでのリール選びの基本はドラグ性能と …

メジャークラフトのロッドは折れる!?評判

メジャークラフトってどんなメーカー? メジャークラフトは初心者にも優しい低価格帯 …

おすすめの青物用ジギングロッド!失敗のない1本とは?

  ジギングロッド選びはリールを選ぶよりむずかしいものです。 &nbs …