近海ジギングナビ

近海ジギングナビでおすすめのジグやタックルを紹介します



ジギングはアクションで決まる!初心者の基本ジャークと種類は?

 

ジギングの基本ジャークは?

ジギングの基本ジャークは「ワンピッチ・ワンジャーク」です。

 

初心者のアングラーはこのワンピッチジャークをリズムよくできるようになろう。

 

一般的には「ワンピッチ・ワンジャーク」のことを、「ワンピッチジャーク」と呼んでいます。

SPONSORED LINK

リールのハンドル位置を確認

まず、リールのハンドルの位置が左右どちらについているか確認してください。

右利きの場合は左ハンドル左利きの場合は右ハンドルにセットしてください。

人によっては逆のほうがジャークしやすこともあるので、あくまで基本です。

 

私の場合、父親が左利きで子供のころから右ハンドルで慣れていたため当たり前のように右ハンドルのリールを使っていました。

この右ハンドルのまま初めてショアジギングをしていましたが、何度練習してもワンピッチジャークができず。。。

自分はルアーフィッシングに向いていないのかと思ってましたが、左ハンドルに変えた途端できるようになったのです。

 

重要なのはハンドルの位置は使いやすい方ではなく、ジャークしやすい方でセットしてください。

 

ワンピッチジャークのアクション方法とは?

ワンピッチジャークは慣れるまでリズムよくロッド操作ができません。

いきなりできるものではないので練習してから実釣に臨みましょう。

まずは動画をみてイメージトレーニングしてみてください。

ポイントは
・ロッドのリアグリップ部をワキではさむ
・ロッドのフロントグリップ部をにぎる
・1回のシャクリに対してリールを1回転巻く

1週間ほど練習すればできるようになります。

この動画のアングラーはソフトに丁寧なアクションで初心者の方には参考になると思います。

 

活性が低いときのアックションは「ストップ&ゴー」がおすすめ!

「ストップ&ゴー」低水温の冬場や、活性が下がったときなどに有効です。

ワンピッチジャークはジグを大きくアピールさせることができるが、低活性のときは魚の目の前でいきなりジグが跳ね上がると魚が警戒し喰いが悪くなる。
アクション方法は、ジグが着底したら高速で10回ほど巻き2~3秒止める、それを何度も繰り返す。

ストップ&ゴーは簡単ですので練習は必要ないです。

ワンピッチジャークとストップアンドゴーができるようになればOKです。

 

ジギングはとにかく疲れますので、最低1週間ほど軽く出いいので筋トレすることを強くおすすめします!

 

爆釣目指して頑張りましょう!

 - ジギングの基本ジャークとは , , , ,



ad

スポンサーリンク

ad

スポンサーリンク

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  

  関連記事

関連記事はありませんでした