近海ジギングナビ

近海ジギングナビでおすすめのジグやタックルを紹介します



青物ジギングにおすすめな釣り用クーラーボックス

 クールボックス選びはサイズから

青物ジギングで使う釣り用クーラーボックスは大型のものを選びましょう。

アウトドア用のクーラーボックスは保冷力が低く、底に滑り止め加工がされていないため船の揺れでクーラーが動くこともあり、使い勝手はあまりよくないです。

そのため最初に買う一台は、釣り用のクーラーボックスがおすすめです。サイズは横長の80リットルがよいでしょう。

このサイズなら10キロのブリが釣れても十分入りますし、量もたくさん入ります。

私の場合、35・50・80・100リットルのクーラーボックスを持っていますが、出番が多いのは80リットルです。

 

80リットルは1日ジギングをしても簡単には満タンにできるサイズじゃありません。

魚の処理のことを考えてもこのサイズで丁度いいでしょう。

SPONSORED LINK

ちなみに一人でジギングに行く場合、100リットルを持っていくのは結構勇気がいります。

張り切って100リットルを持ちこんで釣れなかったときの恥かしさは何とも言えません。

このサイズは、爆釣のときや複数人での釣行のときなどに使いましょう。

 

クーラーボックスの性能について

クーラーボックスの性能は主に使われている断熱材に左右される。

性能の低い順から、発泡スチロール、発砲ポリプロピレン、発泡ウレタン、真空断熱パネルとなり、これらの素材や厚さなどによって保冷力が変わる。

 

最大の保冷力を誇るのは真空断熱パネルを6面全て使ったものだが、その分高価格となる。

 

予算が許すかぎり、なるべく良い素材のものを選びたいとこだが、いちいちお金がかかるジギングは安く済ませたいところ。

 

低予算でいくなら、ホリデーランドクーラーがおすすめです。
素材は発砲ポリプロピレンで保冷力は高くないものの、1日ジギングするくらいなら十分な性能だ。

価格も1万円程度なのでお手ごろでしょうか。

 

クーラーボックスの耐久性について

クーラーボックスの耐久性を考えるならフタが丈夫なものを選びましょう。

船の移動中はクーラーボックスの上に腰掛けることが多く破損や変形の原因にもなります。

ダイワ・シマノなどのメーカーから出ているクーラーボックスは耐久性が高いので、できればメーカー品を選びたい。

 

先ほど紹介したホリデーランドクーラーのフタ部分は腰掛けると変形するので注意が必要です。

もし、腰掛けるならクーラーの中央ではなく端のほうに座るようにしましょう。

 

まとめ

・クーラーボックスのサイズは80リットルが基本
・予算が許すかぎり保冷力のある素材を選ぶ
・低予算ならホリデーランドクーラーがおすすめ

 - ジギングで使うクーラーボックス , , , , ,



ad

スポンサーリンク

ad

スポンサーリンク

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  

  関連記事

関連記事はありませんでした