近海ジギングナビ

近海ジギングナビでおすすめのジグやタックルを紹介します



青物ジギングにおすすめなアシストフック

20150212_172939

オフショアジギングのフックは?

オフショア用のメタルジグには、通常フックなしの状態で販売されている。

そのため自身でフックを用意しなければならない。

フックの種類はアシストフックとトリプルフックと2種類あるが、ジギングで使われるのはアシストフックがほとんどだ。

 

アシストフックはメタルジグのフロント側のみセットするのが基本である。

 

エリアや船、ジグの種類によってはフロントとリアの両側に付ける場合もある。

 

私は基本フロント側のみをおすすめする。

 

それは青物の場合、ジグのフロント側に喰ってくることがほとんどでリアにつける必要がないからだ。

 

両側にフックをつけるデメリットはフックを魚から外すことが面倒で手返しが悪くなったり、根がかりする確立が上がること。

さらに、ジグの交換の度にリアフックも付け直さないといけない。

また、せっかく釣り上げた魚の胴体にリアフックがに刺さるとキズものになってしまう。

 

逆にメリットは魚がヒットする確立が上がるのと、複数のフックが魚にかかるためバラシが少なくなる。

 

日本海側では魚影の濃さからかフロント側のみにつけることが多く、太平洋側では少しサイズの小さなフックを両側につける傾向にある。

エリアによってフックのタイプは変わってくるので乗船前に確認しておこう。

SPONSORED LINK

アシストフックのサイズについて

フックサイズは対象魚によっても変わるが、メタルジグの幅より大きなフックを使うのが基本である。

メタルジグとフックのバランスが悪いとフックがジグを抱え込んでしまいバイトがあってもフッキングにいたらなくなってしまう。

 

フックサイズはメーカーによって番手があり、対象魚を確認して購入しましょう。

例)ダイワ ソルティガ アシストフック
#1 シーバス、根魚、サバなど
#1/0 シーバス、根魚、イナダなど
#2/0 小型~中型青物 
#3/0 中型青物 
#4/0 中~大型青物

 

小さなフックを使う場合魚のサイズにかかわらずヒットしやすくなるが、大型魚がかかった場合バラシやすくなる。

魚のサイズによって使い分けましょう。

 

シングルフック?ダブルフック?

アシストフックには、シングルフックダブルフックがある。

 

基本はダブルフックがおすすめである。

ダブルフックはフッキング時に力が分散され深くフッキングされにくいため、強めに合わせる必要がある。

とは言えフックが多いほどヒットが多くなるため基本はダブルフックを使うとよい。

 

私はブリなどの大型魚の活性が高いときはシングルフックを使う。

ダブルフックは両フックに大型魚がかかると手返しが悪かったり、フックを外すだけでも一苦労のため大型魚の活性が高いときはシングルにする。

 

ブリ爆釣の時期はジギング船の船長からシングルでお願いされることもある。

おすすめのアシストフックとは?

だんぜんおすすめなのは、がまかつ「アシスト64 近海ミディアム ダブル サイズ7/0」です。アシスト64 近海ミディアム

ダブルフックで、2本のフックを同じ長さにセットせれているため、フッキングパワーを均等に鈎先に伝えることができ確実なフッキングができます。

 

フックの線が細いのにもかかわらず強度があり貫通力は最高だ。

やっぱりがまかつのフックは間違いないと感じてしまいます。

このフックだけでハマチ~ブリまでいけてしまう。

 

まとめ

フックはフロント側のみセットが基本
フックのサイズは対象魚によって変えましょう
シングルよりダブルフックがおすすめ

 - ジギングで使うアシストフック , , , ,



ad

スポンサーリンク

ad

スポンサーリンク

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  

  関連記事

関連記事はありませんでした